日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

現代社会の人文地理学

 

f:id:nihonshiseki:20191012143523j:plain

 

  平成26年(2014)9月10日 初版第1刷発行

 

     稲垣 稜 著     古今書院    ¥2000+税

 

 奈良大学通信教育学部、自由選択科目『人文地理学』で使用されているテキストで、奈良大学文学部地理学科准教授・稲垣 稜氏による。

 

 3年目を迎えた学びの中で、履修登録の際、6単位余履修しなくとも良かった(専門科目ではなく、単位認定されている一般教養・自由選択科目であったので)のだが、せっかくなので「テキストだけもらい、読んでみるのもありかな」と履修登録したのである。

 学費を払っているのであるから、もらえるテキストは頂いておく。これも通信教育の良いところであろう。履修登録の際には52単位登録した方がお得である。

 

 さて内容であるが…近年の動向に基づいた人文地理学である。

  

 人口、都市、郊外と大都市圏、小売業、サービス業、観光、交通、工業、国土政策・都市政策、エネルギー・資源問題、地域調査、地形図からみる人間関係という12章から成る。

 観光や地域形成と変遷を考える上で、簡単な記述ではあったが参考になるものも多く記されていた。

 

 歴史地理学や観光学といった分野を専攻するのであれば、一般教養として読んで損はない内容であった。

 

 一般書店でも入手可能であるので、興味がある方はお手に取って読んでもらいたい一冊です(^^♪