日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

松本市立博物館分館 松本民芸館(長野県松本市)

 

  【 松本市立博物館分館 松本民芸館 】

 

       所在地:         松本市里入辺1313-1

    入館料:   大人 ¥310 小・中学生、70歳以上の松本市

    休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)年末年始(12/29~1/3)

 

   ※公式HPはこちら  http://matsu-haku.com/mingei/

 

f:id:nihonshiseki:20200920093841j:plain

 

 柳宗悦の唱導した民藝運動に共鳴した丸山太郎によって、昭和37年(1962)、名もなき職人が手仕事でつくった日常品の持つ美しさを永く世に伝えるために創館されました。

 

 丸山は自らが工芸作家であり、蒐集家である。彼のたしかな眼によって見出された陶磁器・染織物・箪笥・工芸品の数々は約6800点にも及びます。

 

 「美しいものは美しい」という言葉は、用の美溢れた自らの足・耳・眼・手を信じて蒐めた手仕事の品々に現れています。

 

f:id:nihonshiseki:20200920093815j:plain

 

 昭和58年(1983)、丸山は松本民芸館の一切、すなわち稀有なコレクションと土地・建物を松本市に寄贈されました。

 

 柳宗悦から連なる民藝運動。それは民俗学にも通じ、歴史学の一分野を形成している。民俗学を学ぶ諸兄は是非足を運ぶべき場所であろう。