日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

扇之芝(京都府宇治市)

 

  【 扇之芝 】

 

           所在地: 宇治市宇治蓮華116 平等院境内

 

f:id:nihonshiseki:20211105163825j:plain

 

 治承4年(1180)5月21日、源頼政は高倉宮以仁王の平家追討の令旨を奉じて

園城寺で挙兵したのであるが、計画が露見し準備不足のままでの挙兵であった。

 

 25日夜には園城寺平氏軍の前に危険となり、以仁王とともに脱出する。南都興福

寺を目指すが、以仁王疲労で落馬💦💦途中の宇治平等院で休息を取ることとなった

のだが、平家軍に追いつかれてしまう。

 

 26日。頼政宇治橋の橋板を落とし抵抗するも、平家軍は宇治川を強行渡河したこ

とから、頼政平等院に籠り抵抗するが多勢に無勢💦

 

 頼政は流れ矢で傷つき、軍扇を開き「埋もれ木の  花咲くこともなかりしに   身のなる

果てぞ悲しかりける」と辞世を詠んだ後、この地で自刃したという。

 

 平等院といえば、鳳凰堂。源頼政の自刃したとされる「扇之芝」を見学する人も少な

い。せっかく拝観料を払ったのですから、境内の隅々まで踏査してくださいね。

 

 (参考資料)

   現地配付パンフレット

   現地案内板