日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

田地古墳(石川県白山市)

 

  【 田地古墳 】

 

    所在地: 白山市田地町37-2

 

 

 手取川扇状地の中央に位置し、昭和45年(1970)11月3日、市道側溝建設中

に偶然発見された。

 

 同年、松任市教育委員会(現白山市教育委員会)によって緊急発掘調査が実施されて

いる。

 

 河原石積み無袖構造の横穴式石室で、全長7.25m。玄室長4.96m、羨道長2.2

9m、奥壁幅1.04m。墳丘残高0.51m。もとは墳丘をもつ高塚古墳であったが、

明治中頃の耕地整理で削平され、規模・墳形は不明である。

 

 奥壁は水平に並ぶ二つの大石で形づくられているが、上部は不詳。側壁は河原石が2

~3段残存していたが、やはり上部は失われており不詳である。玄室床面にのみ小砂利

敷石が確認されている。

 

 遺物としては、鉄製刀子2、鉄鏃茎1、銀環2といった金属製品や杯蓋9、杯身9、

高杯などの須恵器が出土しており、須恵器編年から古墳時代後期の6世紀末から7世紀

初頭にかけて築造されたと推定されている。

 

 調査後、石室は埋め戻されており、現在は石碑と案内板が建つのみである。

 

 (参考資料)

   現地案内板

松任城跡(石川県白山市)

 

  【 松任城跡 】                          評価 ★

 

   別  名: 一名蕪城 鏑木城

   所  在  地:   白山市古城町

   築城年代:    鎌倉時代初期

   築  城  者:      松任範光

   区  分:      平  城

   現  状:    松任城址公園

 

 

 鎌倉時代初期、松任範光が居館として築いたとされる。

 

 長享年間(1487~1489)、鏑木常専が城主となり、以後、頼信、勘解由と三

代にわたり鏑木氏が城主として続き、一向宗の拠点として機能している。

 

 一説では鏑木氏の系譜は、繁治、繁常、繁時の三代であり、当初は加賀國守護である

富樫政親に与していたが、繁治の代に一向宗に帰依し、長享の一揆の際に一向宗に加担

し、富樫政親を滅ぼしたとされる。

 

 『越能賀三州志』によれば、天正5年(1577)、手取川の戦いの際に上杉謙信

攻略し落城したとも、織田方の柴田勝家によって攻略されたともされるが、一向一揆

拠点であったことから、上杉謙信と和睦の上、謙信麾下の若林氏と一向宗徒の鈴木宗徒

で織田方と共闘したようである。

 

 天正6年(1578)、謙信が急死し、御館の乱が勃発すると、上杉方の加賀衆は越

中や上中越へ転出してしまい、上杉氏の加賀國での影響力は著しく低下する。それでも

一向宗徒は織田方への必死の抵抗を続けるものの、天正8年(1580)、柴田勝家

攻撃の前に落城。勝家家臣の徳山則秀が入城している。

 

 天正11年(1583)、賤ヶ岳の戦いの戦功により、前田利長松任4万石で越前

府中から入封するが、天正13年(1585)、越中征伐の恩賞により利長は越中3郡

を与えられて転封される。替わって越中征伐での失態で処分された丹羽長重が入城して

いる。

 

 元和元年(1615)、一国一城令によって廃城となる。

 

 

 現在、松任城址公園として整備されてはいるものの、櫓台跡や本丸内堀跡を表示する

ための復元石垣がある以外に目立った遺構は残されていない。

 

 ちなみに・・・、「松任」の読み方わかりますか?

 

 松任谷由実さんの松任だから、【まつとう】と読んでいる方も多いのではないでしょ

うか? 正解は・・・【まっとう】でした🎵

 

 (参考資料)

     現地案内板

2022年6月 月次レポート!!

 

 GW明けからの仕事面でのバタバタに加え、梅雨明け宣言後の連日の猛暑☀

 

 そんな過酷な状況の中、2022年も半分が終了💦💦

 

 1月から4月までは概ね順調に推移していましたが、ここ最近はねぇ(>_<)

 

 そんな6月を振り返ってみますと・・・、

 

nihonshiseki.hatenablog.com

 

 ① 仕事面

 

  ボロボロ状態のシフトであっても、何とか従業員の皆様の御協力もあり、乗り切る

  ことが出来ました(^^♪

 

  急遽の求人採用は、1日より1名。さらに25日から1名の試用を開始。フォーク

  リフトの運転に慣れている分、比較的早期にシフト編入が可能かな。とはいえ、連

  日の酷暑も考慮してボチボチです。

 

  思いがけずに7/2(土)から1名の採用も決定しており、3名の確保に成功した

  のは仕事面での成果です!!

 

  焦らずに仕事に慣れてもらい、これまで以上に充実した体制を構築しなければなり

  ません(^^♪

 

 ② 奈良大学通信教育部での学び

 

  先月に引き続き、仕事面での影響は大。

 

  博物館学芸員資格取得科目『博物館経営論』在宅特別科目習得試験受験だけが成果

  ですね💦💦

 

  奈良学友会関東支部北関東ブロック設立に向けての話し合いを12日(日)に実

  施。

 

  「北関東ブロック設立準備のご案内」&「アンケート」を関東支部長に渡しま

  したが、その返答待ちの状況。早々の返答を求めていますが・・・どうなっている

  のか?

 

  秋ごろに実施予定の現地見学会計画に関して7月中に進捗させたいと思います。

 

 ③ 研究会活動

 

  令和4年度 第1回博物館研修開催を決定(7/18、月・祝)。これのみ💦

 

 ④ 出陣面

 

  富岡市「中高瀬観音山遺跡」発掘調査現地説明会に参加したのみ💦💦

 

  しかしながら、富岡市教育委員会奈良大学文学部文化財学科卒の職員2名と知り

  合えたのは大きな成果でした(^^♪

 

 総じて、仕事面での改善は見られましたが、あらゆる面でまだまだバタバタの影響は

大。新規採用者の定着を図ることが問題解決の最大のポイントでしょうね。

 

 一筋の光明は見えつつあるので、何とか7月はより多くの成果が出せるように精進し

たいと思います(^^♪ 

連日の酷暑☀ ~身の危険を感じる暑さ💦~

 

 連日報道されていますが、日本列島全国各地40℃に迫る最高気温。正に身の危険を

感じる暑さですね💦💦

 

 地元群馬も最高気温の上位を連日キープしております。

 

 既に梅雨明け宣言もされてしまい、9月中旬くらいまでは猛暑が続くんでしょうね。

 

 電力不足や水不足、台風被害、ゲリラ豪雨や線状降水帯による自然災害って報道もこ

れから増えるんでしょうねぇ。

 

 身の危険を感じる暑さって感覚でわかりますね。今日は午後3時あたり。耐えられる

暑さから「これはヤバい💦」って暑さ感覚になりました。

 

 正直、この感覚を覚えた時は仕事どころではありませんね(+_+) 

 

 そろそろ耐えられる限界の気温を越えそうですから・・・熱中症対策グッズも取り揃

えなければならないですね💦

 

 様々な方策を用いて、この連日の酷暑を耐え忍ばねばなりませんねぇ。

 

 皆様方も熱中症には気を付けて、くれぐれもご自愛くださいm(__)m

それでも頑張り続けるだけ!

 

 一筋の希望の光は見えた一方で、今後も多難な日々がしばらく続くことは間違いな

い。零細企業の経営者なんて従業員にとっては何もしていない存在のように思われるか

もしれない。

 

 だがそれは誤りである。実務は当然ながら事務処理など経営は多様な仕事を抱え、

日々将来に向かいどうあるべきかを考えている。

 

 そんな状況を理解してくれる従業員たちもいるが、理不尽なこと、不条理を振りかざ

す人も💦

 

 まぁ、こんなことをブログに書くってことは・・・、今日あまりにも身勝手な理不尽

なことを言ってきた(元)従業員がいたからなんですけどね(>_<)

 

 その方が退職した(そうは言っても、正式に「退職願」は提出されておらず、労働契

約書に定められた30日前に申告という契約もはたされていないのですが)ので、現在

シフトはボロボロ💦現状を理解して下さる従業員の方々、そして新規採用した方々が4

0℃近い酷暑の中で頑張ってくださっているので一筋の光明が見えており、某も何とか

踏ん張っているのですが・・・。

 

 零細企業の経営者ってこんな苦労をしているんですわ(+_+)

 

 どんな理不尽、不条理な言い分にも負けることなく、協力して下さっている従業員の

方々と現状打破を目指して、頑張り続けるだけです。

 

 そして現状が改善された後は、より良い職場環境、労働状況にすべく考えを巡らせて

行かなければなりません!!

あと少しの辛抱か? ~求人関係は順調!?~

 

 GW明けから仕事面でバタバタしており、現在も身体も心もボロボロになりつつも

日々ではありますが、6月に入り求人関係は順調に推移しております。

 

 本日も1名の面接を実施し、採用を決定しました(^^♪

 

 6月の新規採用はこれで3名となりました!!

 

 問題は、採用した方々への教育💦💦マンツーマン指導で基本的な作業から応用まで

一通りの作業を試用期間で覚えていただき、1人立ちしてもらわねばなりません。

 

 1日から試用期間に入った方は基本的な作業はほぼマスターしてくださいましたが、

まだまだ覚えていただかなければならないことも💦

 

 時間をずらしての指導になるので、これまで以上に大変な日々となっております

が・・・、あと少しの辛抱?

 

 良い人たちを久々に採用できたので、焦らずじっくりと一つひとつの作業を覚えてい

ただけるよう、今日も試行錯誤しながら指導にあたっております💦💦

 

 さて、夕方からも新規採用者への指導。その3時間後にも再び作業という過酷なスケ

ジュール💦💦

 

 エナジードリンク飲んで、こんな過酷な状況を乗り切りたいと思います(>_<)

東大寺領横江荘荘家跡(石川県白山市)

 

  【 東大寺領横江荘荘家跡 】

 

    所在地: 白山市横江町1726-21

 

 

 昭和45年(1970)9月、石川県鉄工団地協同組合の土地造成に伴い、10月に

緊急発掘調査が実施され、周囲に雨落溝をめぐらせた掘立柱建物跡、その東西に附属建

物跡が検出された。

 

 出土品の多くは平安初期のものであり、須恵器や黒色土器や木器が数多く出土してい

る。中でも「三宅」との銘のある墨書土器から、横江荘であることが明らかとなった。

 

 この一群の掘立柱建物は荘園を管理していた荘官居宅と穀物等を収納した倉庫と推定

されている。

 

 加賀國横江荘は、東大寺文書に桓武天皇の皇女である朝原内親王の遺領を弘仁9年

(818)、酒人内親王東大寺に寄進したものと記載されている荘園である。

 

 

 石川県に東大寺に関連した荘園跡があると知って、「ここは絶対に外せない」と雨降

りしきる中に訪問した。

 

 工業団地内に史跡公園として整備保存されているものの、上手く活用されてはいない

ようである。金沢市の「東大寺領横江荘遺跡」と併せて踏査することでより良い活用を

考えていくべき遺跡である。

 

 (参考資料)

    現地案内板