日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

矢板武旧宅(栃木県矢板市)

 

  【 矢板武旧宅 】

 

   所在地:     矢板市本町15-3

   休館日:    月・火曜日(祝日の場合は開館)

        祝日の翌日(土・日・祝日の場合は開館)

          年末年始(12/27~1/5)

   入館料:  一般 ¥150 未就学児~学生は無料

 

 

 江戸時代に建造された母屋を明治45年(1912)改築したもので、木造平屋建

て、本瓦葺き。

 

 幕末から明治にかけて矢板の礎を築いた矢板武の旧宅であり、平成9年(1997)

2月、矢板市に建物および矢板武に関する資料が寄贈され、平成10年(1998)8

月、「矢板武記念館」として開館した。

 

 矢板武は嘉永2年(1849)、下野国(現在の栃木県)塩谷郡矢板村の坂巻家の長

男として生まれる。明治12年(1879)、第1回栃木県会議員となり、明治13年

(1880)、実業家・印南丈作とともに那須開墾社を組織し、那須野ヶ原開拓を行

う。

 

 明治15年(1882)、日本鉄道株式会社理事に就任。明治18年(1885)、

那須疎水の開削を行い、明治19年(1886)には矢板駅開設に尽力。明治24年

(1891)、下野銀行設立。さらに、明治27年(1894)、矢板信用組合設立。

明治31年(1898)、矢板銀行設立。明治44年(1911)、下野新聞社取締役

会長となり、大正11年(1922)、享年73で没した。

 

 武の主な業績を羅列したが、那須開拓・鉄道・銀行業と幅広い業績を残した人物であ

ったことがわかるだろう。また山縣有朋勝海舟渋沢栄一ら政財界の重鎮とも交流が

あったことも知られている。

 

 

 平成30年(2018)、日本遺産「明治時代の那須野ヶ原開拓」を構成する遺産の

ひとつに認定されている。

 

 

 なかなか日本遺産の認知度は向上していないようであるが💦地域の文化財の活用手法

として定着してもらいたい。そのためにはSNSなどを駆使して地道な情報発信を継続

する必要があろう。

 

 

 江戸時代に建てられた西蔵はギャラリーとしても利用可であるので、広く市民に活用

してもらいたい施設である。

 

 (参考資料)

   現地配付パンフレット

   現地案内板

シャロン洋菓子店(埼玉県行田市)

 

  【 シャロン洋菓子店 】

 

   所在地: 行田市行田15-15

 

    公式HPはこちら  http://www.plus-kun.com/chalon/campany.htm

 

 

 昭和55年(1980)6月8日創業。

 

 行田八幡神社の目の前にある昔ながらのパン屋さん。厳選した材料を用い、常時15

0~170種のパン🍞やケーキ🍰が真心こめて作られており、いずれも絶品!!

 

 昔ながらの菓子パン、サンドイッチ、キャラクターケーキなど各種デコレーションケ

ーキ、プリンアラモード、マドレーヌ・クッキー・行田ラスクといった焼き菓子。珍し

いのはシベリアでしょうか。

 

 どれを頂いても満足していただける味でおすすめできるお店です(^^♪

 

 さきたま古墳群や忍城址を訪れた際にお立ち寄りくださいませm(__)m

旧湯本家住宅(群馬県吾妻郡中之条町)

 

  【 旧湯本家住宅 】

 

           所在地: 吾妻郡中之条町赤岩

   

 

 湯本家の祖は木曽義仲の家臣・望月御殿助と称した人物とされる。その娘が義仲の愛

妾であったという。

 

 寿永3年(1184)、義仲が宇治川の戦いで敗れた際、娘が懐妊していたことか

ら、暇を貰い戦線を離脱。何とかこの地まで落ち延びたという。

 

 建久4年(1193)、源頼朝がこの地で狩猟をすることとなった際、御殿助が案内

役に抜擢されることとなった。義仲家臣であったことから、身分を偽るために姓を細野

に改めている。その際に頼朝を草津温泉♨に案内したのだが、頼朝は草津の湯を大変気

に入り、湯本の姓とともに草津温泉の湯守の任、そして周辺を領地として御殿助に与え

たという。

 

 その後、湯本氏は戦国時代には土豪として真田家に従い、多くの軍役に付き従ったこ

とが知られている。天正10年(1582)の武田滅亡時、あるいは延宝9年(168

1)の沼田真田氏改易の際に、一族の湯本長左衛門家が赤岩で帰農したと考えられてい

る。江戸時代には赤岩集落の名主を歴任し、医療にも関わった家柄であったことから、

蛮社の獄で投獄された高野長英とも交流があり、長英は湯本家を頼り身を匿ってもらっ

ている。

 

 さて、「旧湯本家住宅」は切妻造、鉄板葺、妻入で正面に養蚕で大部屋を利用するこ

とから通路が前に張り出した特異な形状となっている。

 

 享和3年(1803)、赤岩の大火🔥で焼失した後、文化3年(1806)頃に再建

されたもので、3階部分は明治30年(1897)に増改築されたものである。

 

 木造3階建て土蔵造の建物は、壁土を厚く塗り上げた防火を意識した建物で、2階北

西隅に「長英の間」と称する部屋が残されている。なお御近所の湯本家一門の方の話で

は玄関の式台下に人ひとり隠れることのできる部屋?があり、そこで長英は湯本家を訪

ねてきた人を確認していたという。

 

 

 「旧湯本家住宅」も今後の活用が注目される文化財であり、「中之条町六合赤岩伝統

的建造物群保存地区」の中核として期待される。

 

nihonshiseki.hatenablog.com

 

 また近くにある「旧太子駅」も併せて古き良き時代の日本を味わってもらいたい。

 

nihonshiseki.hatenablog.com

 

 (参考資料)

   現地案内板

思案石(大阪府高槻市)

 

  【 思案石 】

 

   所在地: 高槻市城内町1-7 高槻市立しろあと歴史館内

 

 

 かつて高槻城外堀沿いの本行寺前の道端にあり、生活に疲れた人が腰を掛け、堀に身

投げを思案したという伝承に基づく名称をもつ。

 

 江戸時代の石切作業時の矢穴痕が見られることから、高槻城の石垣用石材であったと

推定されています。

 

 思案石の上部に見られる黄色のペンキ。本行寺前の道端にあった際、歩道に埋没して

おり、その上部が突き出して危険であったことから黄色のペンキが塗られていた名残で

ある。

 

 平成24年(2012)、高槻市立しろあと歴史館前に移設されました。

 

 

 多くの市町村であったならば、「思案石」をどのように扱ったであろう。邪魔なもの

として埋められる、もしくは廃棄されていたのではないだろうか。

 

 そう考えると、高槻市は改正文化財保護法が制定される前から、未指定の文化財を保

護してきたと言えよう。活用に関しても「安満遺跡公園」や「今城塚古墳」といった他

地域が参考にすべきものも多い。

 

 「思案石」など高槻まちかど遺産の選定も先進的取り組みである。これらの取り組み

が継続され、より良い保護と活用を熟考し、実践されることを望んでいる。

 

 (参考資料)

   文化財をめぐる 高槻 まちかど遺産   高槻市しろあと歴史館

   現地案内板

埼玉県立さきたま史跡の博物館 令和4年度企画展『家形埴輪』

 

 勤労感謝の日ということで、本日は1日オフ(^^♪

 

 この時期は恒例となった埼玉県行田市「行田八幡神社」参拝。5年前、母が食道癌に

なり、藁にも縋る思いで関東の癌封じに霊験あらたかな「行田八幡神社」に毎年行くよ

うになったんです。

 

 参拝も終わり、今週末の11月27日(日)会期末を迎える埼玉県立さきたま史跡の

博物館で、令和4年度企画展『家形埴輪』も併せて見学してきました(^^♪

 

 

 これまでも家形埴輪を博物館や資料館で見学してきましたが、さまざまな形があるん

ですねぇ。嬉しいことに写真撮影可ということで、今後の資料にすべく撮影もしてまい

りました(^^♪

 

 群馬県からも遺物が貸し出されており、埼玉でも親近感もって見学してしまいまし

た。特に渋川市の金井下新田遺跡の「網代垣」剥ぎ取りは、非常に興味深いものでし

た。

 

 生憎の雨☔ということもあって、さきたま古墳群は散策しませんでしたが・・・また

次の機会にゆっくり踏査することにします(^^♪

観光と考古学 第3号 Vol.3

 

 

  令和4年(2022)10月15日 発行    編集・発行 観光考古学会

 

                           ¥1000+税

 

 観光考古学会機関紙の第3号で、令和4年3月19日にオンライン開催されたシンポ

ジウム「品川区の文化資源と文化観光」に関して特集している。

 

 また学会員からの寄稿も掲載し、着実に学会誌としての体裁を整えつつある。

 

 発足から4年と歴史の浅い観光考古学会。しかしながら、文化財の保護と活用を考察

し、学会として行政とも連携し、より良い文化財行政を構築する一助となり得る学会で

ある。

 

 まだまだコロナ禍は終息の気配は見られないが、行動制限の緩和・外国人観光客の受

け入れもあり、各地に観光目的で出かける人も増加傾向にあることから、本書に興味の

ある方は是非お読みいただき、観光考古学会に注目して頂ければと思います(^^♪

令和4年度 産・官・学連携 4ブロック研修会参加💦

 

 コロナ禍もあって数年開催されずにいた公益社団法人 群馬県環境資源創生協会による

「令和4年度 産・官・学(県共催)4ブロック研修会」に参加してまいりました。

 

 産業廃棄物収集運搬業に携わるものとして、法遵守は当然のことであり、研修会参加

は義務!!

 

 群馬県警本部 生活環境課、群馬県廃棄物・リサイクル課、高崎労働基準監督署、そし

て学界より講師をお迎えしての研修です。

 

 県内の廃棄物事犯、今後の廃棄物処理に関してなど生業に関することは知っておかな

ければなりませんからね。

 

 

 研修会受講の修了書もいただきまして、あらためて廃棄物処理の重要性を痛感。

 

 まだまだリサイクル業界や廃棄物収集運搬業界って人々からは下に見られることもあ

りますが💦生業に誇りを持って仕事に取り組んでいきたいと思います(^^♪