日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

日本史跡研究会

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 二日目 その5

高槻踏査もいよいよ最終局面。阪急・高槻市駅から初阪急で一駅移動。 阪急・富田駅に到着したのであるが・・・、最終目的地は予約が必要な地。予約時間 は午後2時ということで、若干時間に余裕がある 昼食を済ませたばかりではあるが、富田駅に程近い喫茶店…

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 二日目 その4

いろいろ更新したいことがあって、なかなか進みませんねぇ気を取り直して、 高槻踏査二日目の続きです!! 思案石 高槻市城内町 かつて高槻城外堀沿いの道ばたにあり、「生活に疲れた人が腰を掛け、堀に身投げ を思案した」という伝承が残されているが、石…

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 二日目 その3

既に当初の目的地には足を踏み入れています。そう。高槻領主といえば・・・高山右 近重友。 その居城であった・・・、 高槻城跡 高槻市城内町 文献上の初見は、大永7年(1527)、桂川原の戦いの際、波多野元清に敗れた 薬師寺国長が逃亡したという記録…

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 二日目 その2

更新が飛び飛びになってしまっている日本史跡研究会 令和4年度 第2回現地踏査 『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 さて最初の目的地までの「高槻 まちかど遺産」を探し歩きつつ、そうこうしているう ちに目的地に到着!! …

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 二日目 その1

茨木市での懇親会を終え、1夜明け・・・未だ☔模様。そんな現地踏査二日目。 愛媛からの本日のみの参加を表明していた会員とも合流すべく、一行はJR高槻駅に 向かいます そして、無事にこれまた数年ぶりの再会。さて、この頃には天候は☔➡⛅となる。 散策に…

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 初日 その3

結局、午後は本格的な☔。「嶋上郡衙跡」「芥川廃寺」踏査は断念せざる得ず💦 「今城塚古墳」に関しても古墳周囲の散策は出来ず終い(>_<) 現地踏査はその地域を歩くことで地理的背景も理解できるのだが・・・、最終目的地 へもタクシー移動となってしまった 地…

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 初日 その2

久々の再会を祝した一行であったが・・・、天気は散策には向かない降雨☔となり、 しかも本格的な☔☔☔ 一行の雨具=折りたたみ傘のみ 次の目的地までは距離もあるので、当初はレンタカー利用も考えたのですが・・・料 金的なことも考えて、今回はタクシーを利…

令和4年度 第2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』 初日 その1

去る令和4年10月9日(日)・10日(月・祝)、日本史跡研究会 令和4年度 第 2回現地踏査『これからの文化財保護と活用を考える -高槻市踏査を例として-』を開 催致しました。 コロナ第7波もひとまず収束しつつあり、全国旅行割の開始や外国人旅行…

令和4年度 第2回研修 開催要項発表!!

さて、ようやく日本史跡研究会 令和4年度 第2回研修要綱が決定しました!! 前回の記事でも述べましたが・・・、研修開催地は悲願の大阪府高槻市で開催にな ります。 開催日は10月9日(日)、10日(月・祝)で両日とも高槻市の踏査となります。 では…

次回研修計画を練る ~数年来の構想の実現に向けて~

さて、行動制限もないお盆を終え、オミクロン株感染者も多い昨今ではありますが 日本史跡研究会として、数年来の構想の実現に向けて、今秋の研修計画を練っており ます!! 令和4年度第2回研修開催要項は、正式に行程が決定した後に改めて発表することと …

令和4年度 第1回博物館研修 『発掘された日本列島 2022』 その2

さて、今回の博物館研修。午前中のみの短期決戦!! 武蔵一宮 氷川神社 さいたま市大宮区高鼻町1-407 古代より朝廷、時の権力者たちの崇敬を集めている古社である。 治承4年(1180)、源頼朝が土肥実平に命じて社殿を再建し、社領3000貫 を寄…

令和4年度 第1回博物館研修 『発掘された日本列島 2022』 その1

令和4年7月18日(月・祝)、オミクロン株による第七波が迫りつつある中、日本 史跡研究会 令和4年度 第1回博物館研修『発掘された日本列島 2022』を開催致し ました!! 今回の研修は、埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催された『発掘された日本列…

令和4年度 第1回博物館研修 無事に閉幕!!

本日、日本史跡研究会 令和4年度第1回博物館研修『発掘された日本列島 202 2』が無事に終了致しました!! オミクロン株BA5感染拡大が懸念されましたが、何とか開催にこぎつけました。 今回は「埼玉県立歴史と民俗の博物館」で開催された『発掘され…

令和4年度 第1回博物館研修 開催要項発表!!

まだまだコロナに対して予断を許さない状況下ではありますが・・・、ツアー限定と はいえ外国人観光客の受け入れも再開されるなど、以前の日常を取り戻しつつある。 日本史跡研究会としても可能な限り研修を実施する方向で検討しておりますが、学び すらまま…

そろそろこちらも💦💦

まだまだ予断は許さない状況ではありますが・・・ツアー限定とはいえ外国人旅行者 受け入れも再開するなど、徐々に以前と変わらぬ日常(とはならないでしょうが)を 取り戻しつつあります。 GW明けから仕事面でバタバタしており、学びもままならぬ状況。 日…

日本史跡研究会 第11回通常総会 開催中!!

日本史跡研究会は日本全国各地に会員がおりますれば・・・、本来あるべき姿の総会 って形が採れません そのため、総会資料を会員の皆様へ発送して、事前に議案に関して目を通していただ いた上で、SNSを活用しての総会開催をしております(+_+) こうした形…

令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』 その5

さて、日本史跡研究会 令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』もいよ いよ佳境を迎えました。 参加者の方々からは、既に次回の踏査はいつ?どこ?なんてお声も頂いております 有難いお声ですが・・・、現地踏査の予定を立てるのには若干時間を要…

令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』 その4

さて、もうしばらく日本史跡研究会 令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる 歴史』の模様にお付き合いくださいm(__)m 「港区立三田台公園(港区三田4-17-28)」は、考古学上重要な遺跡の遺構が 移築保存されています。 その遺跡とは、「伊皿子…

令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』 その3

さて、日本史跡研究会 令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』の模様 の続きをば・・・。 港区立亀塚公園は、「上野國沼田藩土岐家下屋敷」であったことは前回紹介致しまし た。公園内には・・・、 亀塚古墳 港区三田4-16-20 これまで港…

紀州九度山からの書状 ~地域社会貢献も事業の一つです~

紀州九度山の「紀州戦国屋」から書状が届き、中には真田昌幸公の御命日に「鎮魂の 花火プロジェクト」のお知らせがあった。 www.omsknetworld.net クラウドファンディングで資金調達し、花火を打ち上げるプロジェクトである。 紀州戦国屋さんとは数年来の知…

令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』 その2

さて、札ノ辻交差点を通過して向かったのは、住友不動産三田ツインビル。 一面の芝桜素晴らしいですねぇ。多くの方が写真撮影しておりました。 おっと、ここを訪れたのは芝桜を愛でるためではありません。西館裏手には・・・、 元和殉教遺跡 港区三田3-6…

令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』 その1

コロナ禍で活動自粛していたこともあって、およそ2年ぶり?に日本史跡研究会の現 地踏査を無事開催致しました(^^♪ ※ 令和3年度 第1回研修『世界遺産・宇治の地を巡る ~街角の石造物に注目して ~』を除くと、2019.11.3~11.4の令和元年度 …

令和4年度 第1回研修 無事に終了!!

日本史跡研究会 令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざる歴史』が本日無事に 終了致しました!! 心配していた天候にも恵まれ、若干の問題もありましたが・・・全工程踏査出来まし た。 何とか参加者の皆さんにもご満足いただけたようですが正直疲れま…

いよいよ明日!!

いよいよ明日は日本史跡研究会 令和4年度 第1回研修『港区の知られざる歴史踏 査』の開催です。 コロナ禍で活動自粛していており(令和3年度には、宇治で踏査は実施しました が・・・)、実に2年ぶりに現地踏査を再開します。 本来の予定では、東京国立…

体調万全に整えたいが💦

今週末の日曜17日(日)は令和4年度 日本史跡研究会 第1回研修開催日。 研修資料の準備は完了。まだちょっとした準備は残っているが、基本的な準備自体は ほぼ完了。 問題は研修当日に向けてしっかり体調を整えていきたいところですが・・・、仕事が 徐…

コロナ禍に苦しむ ~奈良大学通信教育部生の期待~

日本史跡研究会では、4/17(日)令和4年度 第1回現地踏査『港区の知られざ る歴史踏査』を開催するのですが・・・、昨日奈良大学通信教育部現役生の方から連絡 がありました。 千葉県野田市在住の方で、知人の紹介によって当研究会の踏査を知り、参加し…

総会資料、今年は早くも?完成。

日本史跡研究会 「第11回通常総会 資料」がひとまず完成しました(^^♪ 総会資料作成に時間を要した昨年とは違い、今年は順調に推移しています。 通常、総会資料で困難なのは収支決算なのですが・・・コロナ禍で活動自粛していた 昨年は支出も例年よりも少な…

総会資料・・・そろそろ作り始めなきゃ💦

今年度(令和3年度)の通常総会資料の完成もだいぶ遅れてしまったので(+_+) 来年度(令和4年度 4/1~2023.3/31)の活動方針を定めた総会資料をそろそ ろ作成し始めないと 総会資料も作成するのって時間掛かるからなぁ(+_+) テキスト学習進めてっ…

令和4年度 第1回研修開催要項 発表!!

オミクロン株感染はようやく下降傾向にあります。まだまだ予断を許さない状況であ り、基本的な感染対策は万全に整えた上で、来期(令和4年度)は徐々に活動を再開さ せることとなりました。 令和4年度 第1回研修は『港区の知られざる歴史踏査』とし、4…

感染者は減少傾向も💦

さて、日本史跡研究会はコロナ禍ということもあり、丸二年活動らしい活動が出来ず に記念すべき10年目を終えようとしています(>_<) 先のブログ(3/4「前途多難ではありますが」)でご報告しましたように、4月か らの令和4年度から活動を再開することを…