日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~

日本各地の埋もれた史跡などをご紹介致します。また、日本史跡研究会の活動についてもご紹介しております。

う~ん。zoomって何ぞや?

観光考古学会の第3回定時総会が明日開催されると事前にメールが参りました。 こんな状況下でなければ、総会に参加してみたかったのですが・・・。 コロナ禍ということで、観光考古学会の総会も基本的にzoomを利用して開催とい うことに。 それならば、…

旧石器遺跡「捏造事件」

平成22年(2010)11月1日 第1版第1刷発行 岡村道雄 著 山川出版社 ¥1600+税 考古学を学ぶものにとって、旧石器遺跡「捏造事件」は知っておかねばならない大事 件であり、著者の元文化庁主任文化財調査官・岡村道雄氏は事件の渦中にあった人…

入門 埋蔵文化財と考古学

令和2年(2020)10月16日 発行 水ノ江和同 著 同成社 ¥1700+税 帯にも記されているように、埋蔵文化財保護行政の成り立ちや、文化財保護法を中心 とした法制度と実際の文化財保護行政業務内容について、考古学研究の視点から記され ている良…

WEB課外セミナー続々追加中!!

先にもお知らせ致しましたが、奈良大学通信教育部公式HP上に奈良大学が誇る教授 陣によるWEB課外セミナーが開講中です。 奈良大学通信教育部生は御視聴いただき、御活用してもらいたい!! 新型コロナウイルス蔓延に伴い、スクーリング再開の目途も未だ…

榛東村耳飾館(群馬県北群馬郡榛東村)

【 榛東村耳飾館 】 所在地: 北群馬郡榛東村山子田1912 休館日: 月曜日(祝日の場合その翌日) 入館料: 一般 ¥200 中学生以下 無料 公式HPはこちら http://www.vill.shinto.gunma.jp/mimikazari/index.html 平成元年(1989)、圃場整備事業…

郷原遺跡(群馬県吾妻郡東吾妻町)

【 郷原遺跡 】 所在地: 吾妻郡東吾妻町郷原 JR郷原駅前に「史跡案内板」有 「郷原遺跡」。全国に同名の遺跡は多く存在しているが、東吾妻町の同遺跡は東京国 立博物館蔵のハート形土偶出土地として全国的に知られている縄文時代後期の遺跡であ る。 昭和…

中林遺跡(群馬県高崎市)

【 中林遺跡 】 所在地: 高崎市吉井町馬庭字中林795 古墳、中世城館跡、中世宝塔、板碑、五輪塔、宝篋印塔など含む複合遺跡である。 昭和10年(1935)に刊行された『上毛古墳総覧』入野村編で「入野村2号墳」 と記載された古墳は、地元では「地四…

ようやく総会資料が完成しましたぁ💦

う~ぅぅぅ💦もぉ六月半ばになるというのにぃ💦 通常ならば先月に終了している令和3年度総会。しかしながら、今年はようやく総会 資料が完成したところです(>_<) 早急に会員に資料発送しなければなりません 資料をコピーして、封筒に入れてっと。事務作業もサッ…

縄文時代後・晩期集落 茅野遺跡 概報

平成3年(1991)9月1日発行 榛東村教育委員会 ¥ 1,000 「榛東村耳飾り館」を訪れた際に購入した茅野遺跡発掘調査概報。 発掘調査報告書(¥1,700)で頒布されており、そちらを購入しても良かったの だが・・・、先ずは概報から。 というの…

遅々として💦

卒業論文本稿提出期限まで残すところ20余りとなり、より良い論文完成を目指して ペースを上げておきたいところなんですが・・・ 加筆修正を終えて、さらに推敲を重ねるべきところが遅々として進みません(いえ、 仕事がバタバタで進められていないのが現状…

小千谷縮(新潟県小千谷市)

【 小千谷縮 】 小千谷市総合産業会館サンプラザ 小千谷市城内1-8-25 江戸時代、堀次郎(明石次郎)将俊が、絹織物であった明石縮の技法を応用し、越後 麻布を改良し、その改良は魚沼地方全体に広がっていった。 17世紀中頃には小千谷で縮市が開かれ…

気にもしていなかったが・・・ブログ開設2周年らしい💦

日本史跡研究会 日々の徒然~埋もれた歴史を訪ねて~をご覧になっていただきまして 誠にありがとうございますm(__)m Yahoo!ブログ閉鎖に伴い、Hatenaブログに移行して気にもしていなかったの ですが・・・、今日で丸2年ということです(メールで言わ…

榛東村耳飾り館 常設展ミニ展示「県内の土製耳飾り ~谷地遺跡・石之塔遺跡の耳飾りとくらべてみよう~」

群馬県北群馬郡榛東村山子田にある「榛東村耳飾り館」では、7月11日(日)まで 常設展ミニ展示「県内の土製耳飾り~谷地遺跡・石之塔遺跡の耳飾りとくらべてみよ う」が開催されています。 茅野遺跡出土耳飾。これを見るだけでも感動ものなんですが・・・…

小沼のわら馬(長野県中野市)

中野市延徳地区の小沼の「もち替え」は中野市指定無形民俗文化財であるが、わら馬 はその一端を担う民俗資料である。 毎年3月8日早朝、地区の各戸からわらを編んだ「ワラツト」にあんこやきな粉を付 けた餅を入れ、わら馬と一緒に持参し、集落中央に建つ庚…

防空監視哨跡(群馬県吾妻郡長野原町)

【 防空監視哨跡 】 所在地: 吾妻郡長野原町大字大津字上馬込 昭和16年(1941)、アメリカとの太平洋戦争が始まると、対空監視強化のため に防空監視隊令が公布された。 群馬県でも防空計画を策定し、監視総本部を県庁に、防空監視隊本部を前橋・高崎…

「発掘調査報告書」等の活用の薦め ~今だからこそ~

さて、皆さんは「発掘調査報告書」や「○○○調査報告書」は活用されていますでし ょうか?それ以前にそれらをご覧になったことはあるでしょうか? 遺跡の発掘調査が実施されると、遺跡の多くは破壊されてしまうことから、その成果 を報告書という形で後世に残…

月初も重なりバタバタです💦

今日は某のたわいもない日常のお話です(>_<) 毎日ブログを更新していればこんな 日もたまには(?)ある。 普段の月初であれば、請求書作成等々をこなす。これでもバタバタするのだが 今月は➀ 労働保険料算出 ➡ 労働基準監督署へ、② 御中元選び、等々も加わ…

群馬県立歴史博物館 第103回企画展『古墳大国群馬へのあゆみ』が開催されます!

蔓延防止重点措置によって、現在群馬県立歴史博物館は休館中 蔓延防止重点措置明けの7/17(土)から9/5(日)、第103回企画展『古墳大 国群馬へのあゆみ』が開催されます! 今回の企画展では、地域とのかかわりから古墳と人々の関係を紐解きます。 …

下滝館跡(群馬県高崎市)

【 下滝館跡 】 評価 ★★ 別 名: 滝の陣 所 在 地: 高崎市下滝町字前畑 築城年代: 文明9年(1477) 築 城 者: 足利成氏・大井田氏 区 分: 陣 城 現 状: 宅地・耕地 東西120m✖南北105mの西館と東西110m✖南北95nの東館とが堀を共有 …

やる気が出ない・・・。そんなときには。

通信教育というものは長い孤独な戦いです。コロナ禍中にあってはスクーリング講義 もなく、科目習得試験会場等で学友と会って話すことも叶いません 孤独な戦いを継続して行く中で、時にはやる気が出ないってこともあるでしょう。 そんなときに取るべき方法は…

旧樋口家住宅(長野県長野市)

【 旧樋口家住宅 】 所在地: 長野市松代町松代202-1 入館料: 無 料 休館日: 無 休 江戸時代、松代藩真田家10万石の家臣として目付役などを務め、江戸時代末期には 禄高230石の上級武士であった樋口家の住宅である。 明治14年(1881)に記…

『卒業論文本稿』提出に向けて ~より良い論文完成を目指し~

さて、先日ブログに更新しましたように、『卒業論文草稿』は無事に合格判定。 主査である相原嘉之教授からの添削指導も高評価ではありましたが、より良い論文完 成をとのお言葉を受けて、高崎市教育委員会・T課長にも御教示頂きました。 この御教示で表現方…

八幡遺跡20号墳(群馬県高崎市)

【 八幡遺跡20号墳 】 所在地: 高崎市八幡町800ー144 高崎市観音塚考古資料館 敷地内 昭和62年(1987)、八幡住宅団地造成に伴う発掘調査で23基の古墳が検出し た。八幡二子塚古墳の近くに位置していた「八幡遺跡20号墳」は、墳丘はすで…

北沢川の大石棒(長野県南佐久郡佐久穂町)

【 北沢川の大石棒 】 所在地: 南佐久郡佐久穂町高野町上北沢1433 北沢大石棒・北沢の大石棒とも。 縄文時代中期後半、この地から産出した志賀溶結凝灰岩(通称、佐久石)を用いて製 作された。全長2.23m、直径25㎝で、石棒としては日本一の大き…

貴重な御教示 ~より良い論文完成に向けて~

今日は午後から高崎市教育委員会のT課長に卒業論文草稿を見てもらい(これは事前 にコピーをお渡ししておいたのですが)、表現方法や削除&加筆した方が良いもの 等々、貴重な御教示をおよそ1時間にわたり頂きました。 主査である相原教授から、より良い論…

まだ総会資料作成中💦💦

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、日本史跡研究会の活動も緊急事態宣言💦 本来の活動も自粛していますが、総会はしっかりと開催しなければなりません(>_<) 例年通りであれば、2月末あたりには総会資料作成に着手し、4月中旬には総会開催 の運びとなるのが…

令和3年度 道正遺跡 発掘調査現地説明会 開催のお知らせ!

新潟県新潟市港南区割野の「道正遺跡」は、主要地方道新潟中央環状線新設工事に伴 い、発掘調査が実施されています。 今回の調査で、縄文時代・古墳時代・平安時代の遺構・遺物が検出しました。 でっ、現地説明会が開催される運びとなったわけです。 日時は…

廃棄予定の貴重な資料を救出すべく!

先日、地元紙・上毛新聞に板倉町で過去に発行された町史や発掘調査報告書が大量に 残っていることが判明し、町長や町議会議員らによる協議の結果、貴重な資料を町内外 の希望者に有償あるいは無償頒布した後に、一定数を残して残りは廃棄するという報道 があ…

『卒業論文草稿』・・・判定は如何に💦

自分なりに推敲を重ねて、不安を抱えた中で提出した『卒業論文草稿』。 先日、主査・副査の添削が終了し、判定が返却されました。合格判定でなければ地獄 で御座います さて、判定は如何に。 見事、合格判定であります!!これで本稿提出ステージへと進めま…

岩波講座 日本考古学 3 生産と流通

昭和61年(1986)3月26日 第1刷発行 岩波書店 ¥2900 考古学を学ぶものにとっての必読書である岩波講座『日本考古学』の第3巻である。 この巻では、食料・塩・石器・土器・鉄器・金属器・玉・手工業製品の生産および流 通について記述されて…